月影灰夢のブログ

主に自分の趣味の話ばかりします

まだまだかかりそう

 携帯のほうは、すでに復旧しました。

 そして、やっと、PCに写真を移動撮影したせることに成功しました。

 しかし、いかんせん量が多いうえに、途中でフリーズしたため、9月上半期分からの写真は、PCに移していません。

 廃墟情報の更新などは、まだ待たせてしまいそうです・・・・・・

防府市大道の廃墟

 パチンコ店、飲食店、コンビニの廃墟3軒が並ぶこの廃墟。

f:id:kei0525kun:20170922014320j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014338j:plain

 コンビニだった建物は、ガラスが割れて、雨風が吹き込んでしまっています。

f:id:kei0525kun:20170922014350j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014405j:plain

 「食の駅 西海望」の看板を掲げたまま、朽ちている建物。

 当時を知る方によれば、ダチョウを飼育しており、ダチョウの卵の料理が、あったとか、なかったとか・・・・・・

f:id:kei0525kun:20170922014422j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014453j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014506j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014517j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014541j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014548j:plain

f:id:kei0525kun:20170922014604j:plain

 2005年ごろ、飲食店が閉店したという情報は入手しましたが、それ以外の詳細は、わかりません。

 営業当時、ここはどんな風だったんでしょう・・・・・・

 

スペースワールドに行きました!! その1

 2017年12月をもって、北九州のスペースワールドが閉園する・・・

 ということらしいので、急遽、尋ねることにしました

 8月某日、たったひとりで山口線鹿児島本線と、いくつもの駅を乗り継ぎ乗り継ぎ・・・2時間ほど電車にゆられ、いざスペースワールドへ・・・

 以前来たのが、4年も前だったので、まあ懐かしいこと懐かしいこと・・・・・・

 

↓電車からの車窓

f:id:kei0525kun:20170922005908j:plain

 

 休日ということもあってか、ゲートの前には、すでに長蛇の列がっ!!前来たときは、閑散としていた記憶があったので、こんなに人が集まっていることに、驚きを隠せませんでした・・・

f:id:kei0525kun:20170922010310j:plain

 

 

 尋ねる1か月前に読んだ、遊園地の閉園を題材にした西田俊也さんの「世界でいちばん淋しい遊園地」という小説の中でも、吸い寄せられるように、遊園地を再訪する人たちが描かれていましたが、まさしくそれなのかな?

 ちなみに僕は、卒業旅行で行く予定だったので、残念ながら、これには該当しません(笑)

 フリーパスを買い、行列を抜け、いざ、スペースワールドの世界へ!

f:id:kei0525kun:20170922010942j:plain

 おお~!懐かしいこの感じよ!

 っと、昔を思い出すわけでもなく、筋金入りのジェットコースターバカは、すぐさまアトラクションへ、走ります。

 

 

 

f:id:kei0525kun:20170922011201j:plain

f:id:kei0525kun:20170922011216j:plain

f:id:kei0525kun:20170922011257j:plain

 「こんなに広かったっけ?」と思いながらも、走って走って、ようやく目的地にたどり着きました!

 記念すべき一発目は、『ヴィーナスGP』!!

f:id:kei0525kun:20170922011421j:plain

 コースター自体については、あまり詳しくないので、こちらのサイトを見ていただけると、わかりやすいかと思います。↓↓

drkssk27.web.fc2.com

 

 一番乗りかと思ったら、すでに先客がおり、思わず漏れるため息・・・

 

 このプラットホームは、相変わらず変わっていません(笑)

f:id:kei0525kun:20170922011637j:plain

 久しぶりのシャトルループは、忘れていた感動を呼び覚ましてくれました・・・

 全体的にうねうねとうねっている大蛇のようなコースで、あっちにひねりこっちにひねり、とにかく忙しいコースターでした

f:id:kei0525kun:20170922011923j:plain

 ヴィーナスを存分に体感し、次なるアトラクションへ!

 

 続いては、『ブギウギスペースコースター』

f:id:kei0525kun:20170922012223j:plain

 前向きと後ろ向き、どちらにしようか迷いましたが、感覚を呼び戻そうということで、あえて前を選びました。

 トンネルが途中ありますが、そこの坂に突入すると、それまでの明るい雰囲気が一変して、恐怖へと様変わりする、二面性を持ち合わせていました。

 待ってる間の景色も、よかったです。

f:id:kei0525kun:20170922012602j:plain

 

どんどんいくぞ~

 

 『ザターン

 「キンダカ」と同じタイプのコースターで、日本にこんなコースターがあるのは、非常に珍しいそうです。

 朝だというのに、すでに20分待ち・・・待つのが嫌いな僕には、うんざりする数字です。でも、タイタンの40分や、アドベンチャークルーズの70分にくらべれば、まだマシなほうだと言い聞かせて、並びました。

 なんか、ツボ押しなるオプションが追加されていたようですが、やりませんでした。やっておけばよかったかな?

f:id:kei0525kun:20170922012701j:plain

 時間が経つほど、スタッフが喋りが上手い人になっていくのを発見して、時間をおいて行ってみると、「一番コワイ乗り方だったり」「入れ歯が落ちた話」だったり、こぼれ話や豆知識を聞くこともできます。

 乗るより見ている方が怖いとは言ったもので、並んでいる最中に、前にいた女の子が、父親と思われる男性に、発射を見た瞬間「行きたくない」と泣き出していました。

 実際に、スピードは、やばいです。

 

 伝わらないかもしれませんが、自分で撮影した映像を貼っておきます。


ザターン

 

f:id:kei0525kun:20170922013105j:plain

 パンフレットみたいな写真撮れた・・・かな?

f:id:kei0525kun:20170922013927j:plain

 次は何に乗ろうかな・・・?

f:id:kei0525kun:20170922014029j:plain

 

 

つづきは、また時間のある時に、書きます。

 

悲報

 ガチでスマホが死にました

 

 普通にツイキャスをやっていた時のこと

 

 コラボで楽しげに会話している最中に、唐突に音が聞こえなくなり、直後に画面がフリーズし、あわててスリープモードにすると、それ以降、電源ボタンをいじっても、一切反応しなくなりました・・・・・・

 

 充電コードをさしても反応せず、確実に壊れたものと思われます・・・・・・

 

 いままで撮りためた写真や、誕生日などでもらったイラストなんかも、すべて入っていたので、本当にショックです・・・・・・

 LINEの演劇仲間の連絡先もたぶん消えたと思うので、もう泣きそうになってます・・・ていうか、もう半分泣いてます・・・まさか、ソフト入れまくったPCよりも先に、スマホが突然逝くとわ・・・・・・

 

 しばらくは、Twitterの更新なんかもできそうにないです・・・

ついに・・・!!

 

kei0525kun.hatenablog.com

  先日言いました、こちらの狐のお面が、本日届きました!!

f:id:kei0525kun:20170624183106j:plain

 デザインがとても綺麗で、付け心地もきつくなく、大きさもフィットしていて、非常にいい商品を買ったと思います!

 難点としては、眼鏡を外さなければならず、被ると目が見えないという点がありました

 

 というわけで、早速ですが、付けてみました(笑)

f:id:kei0525kun:20170624183326j:plain

 

 ・・・うわぁ・・・・・・似合わねぇぇぇ・・・・・・( ノД`)シクシク…

劇団演劇街 第8回こども演劇まつり 観にいってきました!

 演劇部の方に届いたチラシで、このような催し物があることを知り、「行くしかないだろっ!!」と、大雨の中、足を運んでみました

 下の画像が、会場でいただいたチラシになります

f:id:kei0525kun:20170624175425j:plain

 演目は

「はらぺこおおかみとドードー鳥」

「さつきちゃん、山にのおぼる」

でした

 

 

「はらぺこおおかみとドードー鳥」あらすじ

 空腹のおおかみの兄弟が、さまよっている所から始まります。獲物を探して歩いていると、見つけたのは、2匹の親子のドードー鳥でした。

 子供のドードー鳥のドドちゃんは、空を飛ぶことを夢見て、母ドードーの心配をよそに、一生懸命に、空を飛ぶ練習をしていました。それ故、母ドードー傍にいることはまれで、常に走り回って、片時もじっとしていませんでした。

 そんな2匹を食べてやろうと、おおかみ兄弟は画策し、弟おおかみが、ドドちゃんの練習に付き合うことになりました。

 

 小さな子供に向けた簡単でわかりやすい内容で、底抜けに明るい子供たちと、それを優しく見守る兄おおかみと母ドードー、それを取り巻く大自然の雄大さ、それが、狭い会場の端から端までを使って、役者のエネルギーの放出によって表現され、高校生の僕でも、楽しむことができました

 

「さつきちゃん、山にのぼる」あらすじ

 天狗が原(うろ覚え)にハイキングに行くことになったさつき。友達のキリコと、たけし、たけしの妹のあかね、たけしのおじいちゃんと共に、ハイキングに出発します。しかし、天狗が出るという噂のある天狗が岳(こちらもうろ覚え)に本格登山をすると思っていたキリコが、持ってきていた大きな荷物を、天狗が岳と天狗が原の麓にある、山神様のご神体の石に、乗せてしまいました。怒った山神様は、おじいちゃんを置いて競争していたさつきたちを、天狗が岳の方へ迷い込ませ、「日が高く上るまでに、山頂にある『天狗の湧き水』を汲んできて、麓のご神体の小石にかけて清めよ!」と、さつきたちに言いました。もしできなければ、ご神体を汚したキリコは、永遠に山をさまようことになってしまいます。どうなるキリコ!?どうするさつき!!

 

 こちらも、第一演目と同様、子供たちの若い力と、大自然の偉大さ等が描かれていると感じました。山神様という大きな存在を置き、それに翻弄されつつも、一生懸命に山を駆ける子供たちが、舞台の上を動き回り、見ていてずっとハラハラする劇でした

 

 今回の公演を鑑賞して、演劇部の方で行っている劇の参考にもなりましたし、プロの演技を見て、より一層演劇に興味を持ちました!また、見てみたいです

 本当に、観に行ってよかったです!!

 

 夏休み期間中は、いろいろな劇団が、山口で公演をするそうなので、可能な限り、観に行きたいなと思います

 

【P.S.】将来、劇団に入りたいなぁ・・・なんて思ったりもしてます(笑)(←いやww無理だろwww)

やっちゃった

  ついに・・・買ってしまった・・・

 届いたら、また紹介しようと思います

キツネ お面 コスチューム用小物

キツネ お面 コスチューム用小物